本文へ移動

法人の歴史

社会福祉法人とは

社会福祉法人恵会の歴史

創立者夫妻
●昭和49年 清水町内において、企業内保育所が閉鎖となり、働く父母から保育園建設を要望されていたことから、清水町区長の父小渕俊一と、民生児童委員の母小渕ふじのが認可保育所新設について、10ヶ町2486枚のアンケートを配布し、調査した。
 
●その結果、たくさんの支持と回答が寄せられ、建設への決意を固め、地域福祉の発展のため、私財を投じて昭和51年設立認可申請、昭和52年2月法人恵会認可、4月沼田恵保育園を新築開園し、沼田駅前に60名定員の認可保育園が産声をあげた。
●父俊一・母ふじのの故郷が群馬県吾妻郡中之条町で、父の実兄は54才で他界した衆議院議員故小渕光平であり、その二男が小渕恵三第84代内閣総理大臣である。恵三の命名由来は「天の時、地の利、人の和」の3つの徳に恵まれるよう、との願いを込められていることから、父は園名を「沼田恵保育園」とした。

●俊一理事長は82歳まで、ふじの名誉理事長は92歳まで「子ども達を愛し、保護者の要望に耳を傾け、職員を大切に」の信念のもと、当法人の発展に寄与した。

社会福祉法人恵会 沿革

昭和52年4月1日
沼田恵保育園開園 定員60名 園歌制定
昭和55年4月1日
定員90名
昭和61年2月18日
群馬県モデル保育所指定園
平成9年2月23日
創立20周年記念式典・「20年のあゆみ」記念誌発行
平成10年4月25日
地域子育て支援センター棟・めぐみ学童クラブ棟 竣工開館
平成11年4月1日
定員120名
平成19年3月24日
分室「こどもハッピーデイホーム」竣工
平成19年4月1日
定員130名
平成22年7月31日
国有地610㎡購入 駐車場完備
平成24年9月1日
新園舎完成 定員140名
平成29年4月1日
幼保連携型認定こども園 沼田めぐみこども園へ移行 定員155名

社会福祉法人恵会 沼田めぐみこども園歌

作詞:小渕岩太郎 作曲:後藤重樹

ららら・・・
まっかなおひさま おはようさん
こえをそろえて おはようさん
めぐみ めぐみ なかよしのおうち
 
ららら・・・
あおいおおぞら こんにちは
りょうてをあげて 1・2・3
めぐみ めぐみ なかよしのおにわ
 
ららら・・・
ぼくもわたしも ちいさいが
いまにでっかい きになるぞ
めぐみ めぐみ なかよしのおともだち
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
社会福祉法人 恵会
沼田めぐみこども園
めぐみ学童クラブ
子育て支援センター「チャイルドハウスめぐみ」

〒378-0016
群馬県沼田市清水町4330
TEL 0278-24-4163
FAX 0278-24-4083
http://www.megumi-n.com/files/libs/128/201710161927335275.jpg
 
http://www.megumi-n.com/files/libs/127/201710161927325575.jpg
TOPへ戻る